手続き制度

【30代パパ育休体験談】妊娠から出産 男性が育児休業を取得するまでの記録

へいパパ
へいパパ
次女が生まれるタイミングで3ヶ月の育児休暇を取得しました。
パパ
パパ
育休を取りたいけど、どんな風に動けばいいんだろう。育休取る人ってどんな考えなの?
へいパパ
へいパパ
育休までの動きってやらないとわからないですよね。

【よくある育休取得までの悩み】

  • 職場で取った人がいないからどうすればいいかわからない
  • 上司や同僚などが育休取得に否定的
  • 仕事の引継ぎ先がない、周囲に迷惑がかかりそう
  • 育休取得の手続きがわからない
  • 収入面のマイナスや復帰後のポジション
記事を読むメリット
  • 育休取得に向けて誰とどんな会話をしたかがわかり、報連相する相手を知ることができる
  • 読者の状況に照らし合わせて、次に行う行動が見えてくる
  • 育休取得の一例がわかり、取得までのイメージを作ることができる

妊娠発覚 『育休取得に向けての相談』

へいパパ
へいパパ
まずは妊娠発覚時の状況と育休取得に向けての相談内容を説明します。

生活の状況

  • 30歳、東京在住
  • 長女が2歳8ヶ月(保育園)
  • 妻は病院勤務(週2日不定休)、時短勤務
  • 土日は基本ワンオペ育児
  • 家事育児は分担
  • 母は1時間圏内だが年に3回会う程度
  • 義父母は遠方
  • 育休取得経験なし
  • コロナ感染は継続(第4波)

長女の時は育休を取得しなかったので経験がありませんでした
長女が生まれた時は妻の実家に3ヶ月里帰り(妊娠前1ヶ月前~出産後2ヶ月)。
長女が生まれた当初働いていた職場では、男性育休の前例がなく、妻が里帰りしたことに加えて、育児参加への意識が低かったため育児休暇取得を検討することもありませんでした。

育児参加よりも子どもが増えるため、家庭をしっかり支えないとという思いから仕事に重きを置く方向にシフトしていたように思います。

コロナ感染症が第4波の時で、今後の見通しも立たない状況。
妻の実家は遠方かつコロナ感染対策の観点から里帰りは難しい
母は1時間圏内だが働いており、協力してもらえる状況ではない。

長女が生まれてから育児への向き合い方が変化。
家事育児の分担、土日のワンオペ育児経験から育児に対する考えや育休取得への考え方が前向きになっていた

仕事の状況

  • 整形外科にて外来で来る方のリハビリ
  • 9時から19時まで(患者さんがいなければ早退可)
  • 土日祝日休み
  • 転職して1年
  • 職場まで30分圏内
  • 新しい部署(訪問リハビリ)の立ち上げの提案(5月)
  • 職場で初めての男性育休取得者が出てくる
  • 子どもの体調不良時には欠勤もしくは有給で休むこと可能
  • 直属の上司が育児で休むことに対して寛大

妊娠発覚と同時期に、前職場での経験かつ自己発信の結果、新しい部署の立ち上げを提案された
私自身やりたい仕事内容だったこと、私からの発信だったこともあり、承諾を受けた。
リハビリのスタッフは私が中心となりもう一人サポートで行うこととなった。

子どもの体調不良などで当日でも休むことが可能な職場だが男性育休取得者はいなかった。
妊娠発覚と同時期に男性で初めて育休取得者が職場で誕生

直属の上司が『みんな持ちつ持たれつだから』『子どもは国の財産だよ』とすごく理解を示してくれる上司。
この上司の存在が育児休暇取得や体調不良などで休む時に一番の心理的支えになっていました

育休に対する心理面

  • コロナの影響もあり里帰りは難しい
  • 長女と次女を妻一人で見るのは不可能
  • 立ち上げによるワクワク感と育休取得への不安
  • 男性育児取得事例誕生による安心感

コロナの影響、長女の存在もあり、長女の時のように里帰りをすることは難しいと思っていました。
周りに頼れる人がいないため夫婦で協力するにはどうするかを考えていました。

長女のワンオペ育児の経験などから出産直後から妻が一人で2人を無理だと感じていました。
長女出産時に産後うつのような症状もあったため、妻のためにも育児休暇を取ろうと思いました。

仕事では新しい部署の立ち上げメンバーの中心となり喜ぶ気持ちと、育休取得が出来るのかという不安が混在している状況でした。
そんな中職場で初めて男性が育児休暇を取得したことで、安心感と勇気をもらうことが出来ました。

妻と相談

上記状況が背景にありながら妻と育児休暇に向けて相談することとなりました。

もこママ
もこママ
次女が産まれる時、育休取れそう?
へいパパ
へいパパ
職場で取った人もいるしきっと取れるよ。
もこママ
もこママ
どれくらい取れそう?
へいパパ
へいパパ
上司と相談してみるよ。今回取った人は2ヶ月だったよ。
もこママ
もこママ
産後の負担が心配なんだけど・・・
へいパパ
へいパパ
出産直後から取れるように相談してみる。

共有したこと

  • 育休は取得する方向ですすめる
  • 時期は出産直後からを職場と相談する
  • 日数を職場と相談する

 

育休取得6ヶ月前 院長への報告

 

所属の上司への相談

私の職場は8月、11月、2月、5月に院長と事務長と所属の上司との面談を行っている。
この面談前に所属の上司に相談した。
所属の上司には安定期に入ってから相談を行った。

へいパパ
へいパパ
妊娠がわかりました。出産予定日が2月なんですが育児休暇を取得したいと思います。今度の面談の場で相談しようと思うんですが、いいでしょうか?
所属の上司
所属の上司
妊娠おめでとう。報告ありがとう。今度の面談で話していいと思うよ。

普段から育児に対して肯定的な意見を持っていたのも相談の決め手になりました。
立場が近い人を味方につけたい気持ちがありました。

 

院長と事務長への相談 8月の面談にて

へいパパ
へいパパ
出産予定日が2月なので予定日から育児休暇を取得したいと思います。
院長
院長
5月から新部署立ち上げているけど大丈夫かな?
へいパパ
へいパパ
育休取得する2月までに私が行ってる業務(管理業務含めて)をもう一人に引き継ぎます。計画は直属の上司と共有して進めていきます。育休期間については妻と相談してまた報告させて下さい。
院長
院長
引き継ぐスタッフがやったことのない業務ばかりだけど、経験がないから出来ないんじゃないかな。
へいパパ
へいパパ
誰でも出来るようにマニュアルなどを作成し、出来る仕組みを作ります。
院長
院長
やってみて11月の面談で報告してをお願いします。

共有したこと

  • 院長、事務長に出産予定日から育休取得をしたいことを報告
  • 育休予定の2月までに業務を引き継ぐ
  • 未経験者でも行える仕組みを作る

問題発生! 立ち上げメンバーのもう一人も育休希望!

8月下旬の面談を踏まえて、スタッフAさんに育児休暇取得の予定と業務を引き継ごうと思っていることを打診するためAさんを呼んだ。

へいパパ
へいパパ
報告したいことがあるんですが今、いいですか?
スタッフA
スタッフA
私も報告と相談したいことがあるんですがいいですか?
へいパパ
へいパパ
初めに聞くので話してください。
スタッフA
スタッフA
実は結婚することになりました。そして11月中旬に育児休暇を取得しようと思っています。保育園入れるまで取得しようと思っています。
へいパパ
へいパパ
!!結婚と妊娠おめでとう。育児休暇のことは院長とかと相談してますか?

内心ビックリしすぎてしどろもどろになっていたように思います。

スタッフA
スタッフA
所属の上司(私とは別のスタッフ)には相談してるんですが、院長にはまだ相談してないです。
へいパパ
へいパパ
私は育児休暇取得賛成です。後は院長に相談して取得の方向で動くと良いと思います。
へいパパ
へいパパ
実は私も2月に育休を取る予定なんです。まずは11月までにAさんの引継ぎが出来るスタッフを見つけて、一緒に引継ぎ準備をしましょう。

共有したこと

  • スタッフAさんも11月に育休取得予定
  • 11月までに新たにスタッフを見つけてスタッフAさんの引継ぎを行う

11月に向けての引継ぎ準備

スタッフAさんのことを所属の上司に報告・相談。

【相談結果】

  • スタッフAさんの業務を引き継ぐスタッフBさんをみつける
  • 私が2月に育休を取得する予定であることを社員全員に報告する
  • スタッフBさんはAさんと私の業務を引き継ぐ
  • 私が育休中はスタッフBさんだけでは大変なためリハビリだけ行うスタッフCさんを12月までにみつける
  • 進捗状況は毎週末に所属の上司に報告・相談を行う

上記内容を実施し、スタッフAさんは無事に11月に育児休暇を取得することが出来た。
スタッフAさんが育休開始後にスタッフBさんへ私の業務を段階的に引継ぎを始めた。

育休取得3ヶ月前

妻と相談

仕事の状況は随時妻と共有をしていた。

もこママ
もこママ
育休はどれくらい取れそう?
へいパパ
へいパパ
予定日から3ヶ月取得しようと思ってる。長女の時も2ヶ月で里帰りして、その後育児と仕事の両立も出来てたから大丈夫だと思ってる。3ヶ月なら仕事も引き継いで問題ないと思う。どうかな?
もこママ
もこママ
いいんじゃない。3ヶ月あれば一番大変な時期は大丈夫そうだよ。

【共有したこと】

  • 育休は予定日から3ヶ月取得出来るように会社へ報告する。

 

院長と事務長への相談 11月の面談にて

へいパパ
へいパパ
予定日から3ヶ月取得しようと思います。引継ぎは順調に行い、育休中の業務は問題ないと思います。
院長
院長
わかりました。その方向で進めましょう。現状立ち上げた部署は順調だから5月に戻った時は部門として確立しようと思います。
事務長
事務長
部門として確立されたら管理職として働いてもらっていいですか?
へいパパ
へいパパ
わかりました。復帰後も一生懸命働きます。

【共有したこと】

  • 出産予定日から3ヶ月育休取得決定
  • 育休復帰に合わせて部署として確立し、そこの管理職として働く

育休取得2ヶ月前

【行ったこと】

  • 必要書類を事務長に提出
  • 担当患者さんに報告、担当の変更依頼
  • スタッフBさんに引継ぎ完了
  • スタッフCさんが決定

2ヶ月前には大部分の引継ぎとマニュアル化は終了し、残りは微調整で対応できるようにした。
スタッフCさんは一般業務(リハビリ)のみのため、1月に必要事項を伝えることを共有した。
外来リハビリに担当の患者さんがいたため、随時育休+部署異動の説明を行っていきました。

へいパパ
へいパパ
患者さんには多くの温かい言葉を頂き、とても嬉しかったです。

育休取得1ヶ月前

スタッフBさんと相談

へいパパ
へいパパ
育休まで1ヶ月だけど何か不安なことはありますか?
スタッフB
スタッフB
イレギュラーな対応やわからないことがあった時の対応が不安です。
へいパパ
へいパパ
イレギュラーやわからないことがあれば所属上司(私と同じ)に相談してみて下さい。それでもわからなければいつでも連絡してきて下さい。育児を中心にするので返信が遅くなる場合があります。

所属上司への報告

【報告内容】

  • スタッフBさんの心境(不安)を共有
  • 相談時の対応依頼

上記内容を快く受け入れてもらうことが出来ました。

育休へ

こうして私は育休を2月14日から3ヶ月取得しました。
土日祝日があったため2月10日が最終勤務となりました。

育休を取得するにあたり注意したこと

  • 妻と随時相談し育休取得の時期・期間を検討
  • 取得に向けて前向きに検討してくれる職員をみつける(私の場合は所属上司)
  • 取得のカギとなる職員と必要以上に報連相を行う
  • 業務を引き継いだスタッフに、育休中の不安を共有・解決策の提示を行う

私が育休取得をする一番の理由妻の出産後の負担軽減でした。
そのため妻の意見なしに進めることは出来なかったため、毎日のように相談をしていました。

私が恵まれていたのは、育児休暇取得を理解してくれる職場です。
特に取得をする上で必要なトップ(院長・事務長)や身近な上司(所属上司)、同僚(スタッフB/C)がいてくれたことです。
ただ自分から動かなければ、誰も動いてくれる人はいないため、先を見越し、コミュニケーションを密に行うことを意識していました。

業務を引継いだスタッフへの配慮にも注意をしました
引き継いだ内容が責任を伴う業務でもあったため、多くの不安があったと思います。
その不安を共有し解決策を一緒に考え・対応することが復帰後の自分の働きやすさにも繋がると思っています。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。
この記事によって読者の育休取得に向けて役立てれば幸いです。

育児休暇取得のため制度を知りたい方はこちらの記事にまとめています。

【男性育休制度を知ろう!】育休の条件、給付金、申請方法マルっと解決 男性の育児休業は法律で認められている大切な権利です。 厚生労働省の「雇用均等基本調査」によると、2020年の民間企...