ワーママ

葉酸サプリはどんな効果があるの?妊活前に知っておきたいこと

妊活しようと考えた時に1番最初に浮かんだのが、葉酸サプリ。

テレビCMとかでも「赤ちゃんの迎える準備のために」って葉酸サプリが紹介されてたりしますよね。

でも葉酸サプリを調べてみると結構いいお値段…

もこママ
もこママ
葉酸サプリって本当に飲んだ方がいいの???

調べてみると、リスクを減らすためにも葉酸サプリは飲んだ方がいいことがわかりました。

今回は具体的に葉酸サプリを飲むことで減らせるリスク、妊活前に知っておきたい葉酸についてをまとめました。

葉酸サプリって効果あるの?

葉酸サプリ
最近では【妊活し始めたら葉酸サプリ】ってよく聞きますよね。

もこママ
もこママ
でもサプリはお金がかかるし、本当に必要なのかな

なぜ妊娠中に葉酸が必要なのか確認していきましょう。

  • 葉酸の働きって何?
  • 葉酸が不足するとどうなるの?

葉酸の働きって何?

葉酸ってなに

葉酸は水溶性のビタミンの1つです。

(前略)葉酸は細胞増殖に必要なDNA合成に関与しています。
厚生労働省e‐ヘルスネット

最初は目に見えないくらい小さな赤ちゃんも、細胞がどんどん増えていくことで大きくなっていきます。

その細胞が増えるために必要な栄養の1つを作るのが、葉酸なのです。

もこママ
もこママ
お腹の中で赤ちゃんが成長するために、葉酸はとても大切なんだね

では、葉酸が足りないとどんなことが起こるのでしょうか。

葉酸が不足するとどうなるの?

妊娠中、赤ちゃんの細胞はどんどん増えて様々な器官が作られていきます。

特に妊娠初期には脳や脊髄の基本となる神経管が作られています。

そんな時に必要な栄養が不足してしまうと、神経管がうまくくっつかず分かれたまま生まれてしまうといったリスクがあるのです。(神経閉鎖障害)

(前略)葉酸摂取が不足すると胎児が神経管閉鎖障害の発症リスクが高まることが明らかにされています。神経管閉鎖障害とは神経管の癒合不全による先天異常(後略)
※厚生労働相e‐ヘルスネット

もこママ
もこママ
葉酸を摂取することで障害の発症リスクを軽減できる可能性があるってことなんだね

2000年厚生労働省からも、妊娠の可能性がある場合は、神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減できる葉酸を摂取しましょうというお知らせが出ています。

(前略)我が国において葉酸の摂取により神経管閉鎖障害の発症リスクが提言する確実な証拠があるとは言いがたいものの、葉酸の摂取により一定の発症リスクの低減がなされるものと考えられる(後略)

ただ神経管閉鎖障害の発症には色々な要因があるため、葉酸を摂取しているから絶対ならないわけではありません。それでもリスクを軽減できる研究結果が報告されています

もこママ
もこママ
少しでもリスクを減らせることがわかっているなら、葉酸はちゃんと飲んでおきたいね

持病や内服薬がある方は医師に相談してみましょう

葉酸について知っておきたいこと

葉酸について
葉酸については母子手帳にも記載されていますが、よくわからないことも多いですよね。

  • 葉酸の働きパート2
  • 食事から葉酸って取れるの?
  • 葉酸はどのくらい取ればいいの?

次から葉酸について、詳しく確認していきましょう。

葉酸の働きは?パ—ト2

葉酸って何
葉酸は細胞増殖にも大きく影響しますが、それ以外にも血液(赤血球白血球など)を作るための栄養になります。

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンで造血に作用する。(中略)体内の蓄積性は低く、毎日摂取することが必要である。
厚労省の資料より

妊娠中から授乳期までお母さんの血液がたくさん使われる時期なので、この時期にしっかり葉酸をとっておきたいですね。

もこママ
もこママ
葉酸がビタミンの一種なら食事からでも取れそうな気がするけど、どうなんだろう

食事から葉酸を取ることはできるの?

食事から取る
葉酸は、緑黄色野菜や果物などにも含まれています。

ただ、水溶性のビタミンのため調理によって失われやすい成分です。

しかも食事の葉酸は身体への吸収率にばらつきがあり、安定して摂取するならサプリメントの方がいいと言われています。

研究が進んでいるアメリカでもサプリでの葉酸摂取が推奨されており、日本でも食事での摂取に加えて栄養補助食品からの摂取を勧めています。

もこママ
もこママ
食事から摂取するのは難しくても、サプリメントからなら摂取しやすいよね

葉酸の摂取する量はどのくらい?

葉酸の摂取量

妊娠中や授乳期に積極的な摂取が必要だと言われている葉酸ですが、時期によって摂取が進められている量が異なります。

妊娠初期▶︎食事にくわえてサプリから 400 μg/ 日

それ以外の妊娠中期〜後期、授乳期の必要な推奨摂取量はこちらです。

  • 成人の推奨摂取量▶︎ 240 μg/日
推奨の付加量

推奨摂取量
妊婦(中期+後期) +240 μg/日 480 μg/日
授乳婦 +100 μg/日 340 μg/日

葉酸は飲み過ぎたら

葉酸は食事中からであれば、余分に摂りすぎるということはありません。

ただ妊娠中とかは栄養補助食品としてサプリを摂ることが多いと思うので、量が多くならない様に気を付けたいですね。

ほとんどの葉酸サプリには摂取量の記載が書かれていることが多いので、よく見ながら規定量を守る様にしていきましょう。

葉酸は過剰に摂取すると他の病気の診断がつかなくなる可能性があるため、葉酸摂取量は1日あたり1mgを越えないように調整することが大事と言われています。
※1mg=1000μg

葉酸サプリの効果を調べたら

葉酸サプリ
葉酸は赤ちゃんが成長するために必要な栄養分であり、障害の発症リスクを減らすためには妊娠前から飲んでおく方がいいということがわかりました。

妊娠中はつわりなどで栄養バランスの整った食事がうまくとれないことも多いですよね。

葉酸をとるだけではなく、他の栄養分も含めたサプリを選ぶのがおすすめです。